20151003RJC

RJCに初めて行ってきた

開幕に間に合うような便が当日にはないため
新幹線で前日の深夜に東京入り

秋葉まで行って適当なネカフェで宝を開けつつ一夜を過ごす さすがに眠れぬ
やっぱり都会のああいう施設はちょっと高い
敷地が狭いせいか 階層をまたいでドリンクバーや漫画コーナーがあったりで実に不便
岡山の広いネカフェに慣れてる私にはとてもゆっくりできる環境ではなかった

明け方ネカフェを出て秋葉を軽く迷子になりつつ駅へ
あの街はいかん ざっと見て回っただけだが 実にいたたまれない空気にさせられる
私は自分で思ってたよりも秋葉系ではなかったらしい
ちな秋葉で吉野家に入ってみた すさまじいまずさに驚いた 同じチェーン店でどうしてここまで違うのか

りんかい線から現地入り すでに50人くらい並んでた
入り口で持ち物検査があったが何の意味があるんだろう
会場で行われるイベントについてはとくに下調べをしていなかったので
並ぶことで何かもらえる物でもあるのかと係りの人に聞いてみると
「外の歩道に出られるとご迷惑になるので 中で並んで頂いてるだけですw」
と 何かがかみ合わないような返答が返ってくる そして列へ案内される

前の席ほしいだけでここまで並ぶもんなのか~と
行列に好き好んで並ぶことのない私はげんなりしながら待つこと2時間 ようやく会場がOPEN

するとどうしたことか 私より後から来た人たちの列が先に中に案内されていくではないか
そして中に入った後も 私より後に来た方々が席に次々と案内されていく中
私の並んでいる列はそのはるか後方で立ったまま待機させられる その列の先頭を見ると そこには物販コーナーが

どうやら物販の列と一般の列があったらしく
私は現地入りした時点で物販コーナーに強制連行されたらしい
私が到着した時点で一般には誰も並んでいなかったので気にもしなかったが
まさか確認すらしないとは ちょっとひどいぞ係りのお方

何も買う予定はなかったが 糞暑い中ここまで長時間立たされて何もメリットなしなのはさすがに癪なので最後まで物販列に並ぶことに
話によると5000円以上お買い上げの先着500名に なにやら特別な物がもらえるらしい
私の前には100人も居ない これは余裕でもらったな と思っていると
私が買い物にありつく前に すでに500個終了したとな
何それちょっとおかしいやん もしかして5000円を一口として先着500口ってこと?
先頭の人が250万円分買ったら1人に500個あげて終了ってこと? 何その狂気のシステム 悪徳商法にもほどがある
やっぱりガンホーってちょっと客舐めてる

愚痴終了




運よく最高に見やすい席を確保し やっと座れた安堵感でここはかなり幸せだった というか眠くてまどろんでた
でもどちらかというと試合やキャンペーン情報見てるより 外に居る時間のほうが圧倒的に長かった
初めて顔を合わせる皆とおしゃべりしたり フリオニとじゃれてたり
この時の写真みて驚いた もうすでに眠くて死にそうな顔してた
それそそのはず 普段ならすでに寝ている時間

会場にマラソンレースのようなものがあり 上位ワールドはEXPUP等のボーナスがもらえるらしい
しかしあの手のチャレンジは一度やり始めると永遠にやり続けてしまうのが目に見えているのでノータッチ
初顔出しなのに1日中ゲームやってるとかさすがにありえんわけで

焼きバロンの方とかSAPの方とかSOTの方とかレーサーの方とか いろんな方々から挨拶されました
皆さん物珍しそうに驚かれます 毎回くる人達って決まってるんかな? 「NARUさんってあのNARUさん?」 と何度も言われました
意外と引退勢が多く GSの人とかも結構来てた これが世界を取った人たちかぁ・・・と尊敬の眼差しで見ておいた

SOTの方々には謎の収賄物を沢山贈られた
群馬的なクッキーとか静岡的なラングドシャとか なぜかブラックサンダーとか
おいしく頂きました ご馳走様です



RJCの結果はというと
Crescendoが堕ちたのは残念だったが無事に10secondが優勝 MVPカードはじゃんけんで決めるようだが 勝ってタオ頼むぞ


終了後新宿で ロパ会飲み会祝勝会
私は下戸だし 食べるもの食べたら眠くてダウンしてた 申し訳ない限りである
二次会のカラオケは魅力的だったが ここは生存本能が勝った
カプセルホテルに泊まって 後日帰宅することに

都会はカプセルも高い・・・ 岡山なら同じプランに朝食つけても半額ですむ



ぐっすり眠って新幹線で岡山へ あぁやっぱり地元が最高だわ
私はこの短期間でホームシックにかかってしまっていたようだ もう地元を離れたくない

たまっていた二日分のマスター的な雑務を片付けてGv準備 あぁもう眠い
編集

コメント

非公開コメント

No title

本当にお疲れ様でした。
私は責任者という仕事の重圧に負け、今年初めて行かずじまいでした。
NARUさんが来るというのであれば、本当にご挨拶したかったです。
長時間の移動やネットカフェの居づらさ、カプセルホテルなど、
なかなか大変だったご様子。

もう私も落ち着きを持つ年齢になってしまったため、
気軽に会場になどということも難しいのかもしれませんが、
なんだかとても機会を逃した気がします。
本当にお疲れ様でした。

Re: No title

なんと 私も気軽に行ける距離ではなく
これ以降も機会があるかわからぬので是非お会いしたかったものです
プロフィール

NARU ◆ionC5w6lms

Author:NARU ◆ionC5w6lms

検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント